日本エアギター協会 Air tweet
日本エアギター協会 概要

日本エアギター協会

Author:日本エアギター協会
Air Guitar Japan Association
日本エアギター協会のページへようこそ!

我々は日本国内でエアギターの大会やイベントを運営しております。
2005年より毎年エアギター日本一を決定しエアギター世界大会(Air Guitar World Championships)へ日本チャンプを送り出してます。

エアギター世界大会出場者年表
2005年…金剛地武志(世界4位)
2006年…ダイノジ大地(世界優勝)、金剛地武志(世界4位)、かながわIQ(世界16位)
2007年…ダイノジ大地(世界優勝)、市川ザロック(世界5位)
2008年…市川ザロック(世界4位)、ダイノジ大地(世界6位)、かながわIQ(世界15位)
2009年…May(世界11位)
2010年…スナニー(世界9位)
2012年…チョコバット(世界6位)
2013年…いのがみこうしょう(世界6位)
2014年…名倉七海(世界優勝)
2015年…じゅんじゅん(世界6位)

日本国内でのエアギターのお問い合わせは

airguitarjapanassociation@gmail.com

まで。


日本エアギター協会
会長:かながわIQ
幹事:宮城マリオ

155

ロフトフェス

loft.jpg
loft2.jpg

CLUB CITTA'川崎
〒210-0023 神奈川県川崎市川崎区小川町 5-7
JR東海道線・京浜東北線・南武線川崎駅/京急川崎駅から徒歩5分

11月15日(日) 会場:CLUB CITTA’川崎
【時間】OPEN13:00 START14:00 【料金】前売り 4500円 当日5000円 ※再入場可能

【1F メインフロア LIVE】
大槻ケンヂ/有頂天(−KANNUSHI)/チャラン・ポ・ランタン/ニューロティカ/BELLRING少女ハート/宮崎吐夢/おやすみホログラム/神聖かまってちゃん/a flood of circle/BILLIE IDLE® 他

【2F ATTIC】
吉田豪の雑談天国
【サンバショー】
峰岸ふじこ
【日本エアギター協会 presentsエアギター・エキシビジョン in ロフトフェス '15】
かながわIQ / 宮城マリオ/じゅんじゅん / スナニー☆
【FOOD】kitchen a la yan 【売り子】さい子ちゃん

LOFT MUSIC & CULTURE FESTIVAL 2015 チケット
チケットぴあ、ローソン、イープラス、ロフト店頭、ロフトプラスワン店頭にて販売中!
(2日間通し券 8000円)※再入場可能



主催:SHINJUKU LOFT & LOFT/PLUS ONE 後援:SPACE SHOWER TV
企画・制作:LOFT PROJECT 運営協力:HOT STUFF PROMOTION 協賛:インターコンチネンタル商事株式会社
お問い合わせ HOT STUFF PROMOTION 03-5720-9999

※出演アーティスト、タイムテーブルは変更になる場合がございます。

最新のカルチャーはいつの時代もライブハウスから発信されていく──
「新宿ロフト」と「ロフトプラスワン」が放つ最新鋭の音楽とカルチャーの祭典!

昨年末、新宿ロフトの歌舞伎町移転15周年を記念してCLUB CITTA'で開催した『LOFT MUSIC & CULTURE FESTIVAL 2014』(通称“LOFT FES”)は、The Birthday、SA、怒髪天、新旧ニューロティカなど、新宿ロフトと縁の深い生粋のライブ・バンド全10組が至高のパフォーマンスを披露し、発売後即完売となったプラチナ・チケットを手にしたオーディエンスを魅了しました。

また通常の音楽ライブだけではなく、CLUB CITTA'の2Fにあるバーホールを使い、ロフトプラスワンのプロデュースによるトークライブを同時開催。サブカル界を牽引する吉田豪さん&杉作J太郎さんが出演したほか、音楽評論家の今井智子さんや『音楽と人』の金光裕史編集長がホストを務め、バンドマンをゲストに迎えた密度の濃いトークを披露しました。

音楽とトークを融合させるこの試みは、“サブカルの殿堂”と称されるロフトプラスワンを筆頭に、4店舗のトークライブハウスで独自のカルチャーを発信し続けてきたロフトならではのもので、既存の大型フェスとは一線を画すようなイベントとして好評を博しました。

今年の“LOFT FES”は、ロフトプラスワンがオープンから20周年を迎えたことを記念して、去年のトーク・パートを拡大充実させた日を別途設けた2DAYSで開催いたします。 会場は去年同様、CLUB CITTA'。1,300人収容の大きな会場ながら、ライブハウス特有の密接な空間を堪能できる場所です。

11月14日(土)はロフトプラスワンがプロデュースする《TALK DAY》、11月15日(日)は新宿ロフトがプロデュースする《MUSIC DAY》と称し、それぞれ縁の深い豪華面子が出演。 また今年は、11月7日(土)に仙台Rensaで特別出張版イベント(ミヤテレ45th『もし僕!MUSIC SQUARE』と共同開催)も開催するなど、2年目にして早くもスピンオフの展開もあります。

さらに開催にあたり、漫画家・蛭子能収さんに“LOFT FES”のキーヴィジュアル・イラストを描き下ろしていただきました。 そのシュールで不条理なイラストはロフトプラスワンをイメージして描かれたもので、“銀河系初のトークライブハウス”と謳われる同店のカオティックな雰囲気をよく表しています。

先鋭的な表現を体現する演者と、それを敏感なアンテナでキャッチするオーディエンスが現場でしか味わえない感動や興奮を共有できる空間を創造すること。未知の音楽や未来の友人と出会えるコミュニケーション・スペースであること。演者にもオーディエンスにも「ここへ来れば何か面白いことが必ずある」と感じてもらえる場を提供すること。そうしたロフトならではのポリシーは、この“LOFT FES”でも変わりません。既存の大型フェスとは一線を画した、ライブハウスならではの手づくりの温かさを感じていただけるようなイベントにすべく趣向を凝らします。

ライブハウスとは最新鋭のカルチャーが日夜生まれる空間です。“LOFT FES”はその集大成的イベントであり、ライブハウス・カルチャーの灯火を未来へと繋ぐ祝宴でもあります。 宴の席では、演者も観客も等しく主役。あなたもこの盛大な祝祭の主役として、新たなカルチャーが生まれる瞬間の目撃者になりませんか?


日本エアギター協会
スポンサーサイト
  • Date : 2015-11-07 (Sat)
  • Category : 未分類
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Return to Pagetop